早慶オープンはどれくらいの判定をとればいいの?本番にどう活かすべき?

未設定

早稲田大学と慶應義塾大学の各学部を目指すなら、早慶オープンは受けておきたい模試のひとつです。ただ、早慶オープンを受ける場合、どのくらいの判定を目指せば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、早慶オープンの判定や難易度に関する情報を詳しく解説します。この記事を読めば早慶オープンがどういう位置づけにあり、受験にどう利用すれば良いかわかるので、自分の勉強に生かしてみましょう。

1.早慶オープンの基本

早慶オープンとは、どういった特徴を持つ模試なのでしょうか。これから早慶オープンを受けるつもりなら、その特徴や概要、難易度などもしっかり知っておいたほうが良いです。以下、早慶オープンの特徴や難易度、また実施日といった基本情報についてそれぞれ見ていきましょう。

1-1.早慶オープンの概要と特徴

そもそも、早慶オープンとは、早稲田大学と慶應義塾大学の各学部を目指している受験生向けの模擬試験のことです。本番入試を想定した実践的な入試対策模試であり、2大学を目指す多くの生徒が受験する由緒ある模試です。もちろん、早慶オープン以外にも、早稲田大学や慶應義塾大学を目指す受験生に特化した模試はたくさんあります。ただ、早慶オープンに特徴的なのは早稲田大学と慶應義塾大学の問題が混ざって出題されるという点です。

早稲田大学と慶應義塾大学では、試験科目も異なれば出題の傾向も違います。そのため、早慶オープンは受けることによって自分の立ち位置がわかる一方、そもそも実際の早稲田大学と慶應義塾大学の試験問題とは異なる部分も大きいため、あまり結果を絶対視し過ぎるのは危険という側面があります。また、大学受験で出題される問題というのは、受ける大学ごとに違うだけではありません。同じ大学内でも、それぞれの学部で異なる趣向の問題が出題されます。

ですから、2大学に加えて、さらにいろいろな学部の問題が混ざって出題される早慶オープンは、あくまで自分が早稲田大学と慶應義塾大学を目指す受験生の中でどの位置にいるのか確かめるために受ける模試です。早慶オープンを受験するにしても、結果に一喜一憂するのではなく、とりあえず今の実力を測るというぐらいの心構えで受けると良いでしょう。

1-2.早慶オープンの難易度

早慶オープンは、非常に難しい問題が出題される傾向にあります。早慶オープンの出題形式は、全体問題と選択問題という2種類の問題を解くという形式になっています。選択問題は、自分が志望している大学を選択して解答することになるため、比較的問題に答えるのも簡単ですが、厄介なのは全体問題です。全体問題には、早稲田大学と慶應義塾大学の問題が混ざって出題されます。そのため、早稲田大学を第一志望にしている人は、慶應義塾大学の問題に答えることが難しいですし、逆に慶應義塾大学を志望している受験生は早稲田大学の問題を難問に感じてしまうのです。

このように、早慶オープンはそもそも難易度がかなり高い問題で構成されているうえ、自分の志望していない大学・学部の問題も受けさせられるため、全体としての難易度はかなり高めであるといえます。それだけに、たとえ判定が悪くても、その結果を気にし過ぎず、復習を大切にすることが肝心だといえます。

1-3.実施日・返却日

早慶オープンは、例年11月後半に河合塾主催で行われる模擬試験です。ただ、開催時期は受験する地域によっても異なるため、詳しい実施日を知るには河合塾に問い合わせて聞く必要があります。11月の開催から、結果が返却されるのは約2カ月後です。つまり、1月の中盤から後半にかけて、模試の結果が発表されるということです。

1月の中盤から後半というと、センター試験のシーズン真っ最中ということになります。早稲田大学と慶應義塾大学を受験する人でもセンター試験を受ける人は多いですから、模試の結果とはいえ返却日が少し遅すぎるのではないかと感じる人もいるでしょう。ただ、返却日が遅いということからいっても、早慶オープンは結果をそこまで重視するべき模試ではないということがわかるはずです。

早慶オープンでは、結果の返却より前に、解答解説はしっかり配布されます。早慶オープンは結果が重要ではありませんから、実際に受験したら、配布された解答解説を読み込んで、しっかり復習しておくことが重要です。

2.代ゼミの早大プレ・慶応プレとの違い

早稲田大学と慶應義塾大学を目指す受験生向けの模試には、早慶オープンの他にも早大プレ・慶応プレといったものもあります。河合塾主催の早慶オープンに対して、早大プレ・慶応プレは代々木ゼミナールが運営している模試です。受験者数こそ早慶オープンのほうが多いですが、早大プレ・慶応プレには早慶オープンにない特徴があります。

たとえば、早大プレでは問題の形式をかなり忠実に再現しています。早慶オープンが実際の試験や過去問より難易度が高めであるのに対して、早大プレ・慶応プレは難易度的にも実際と変わらない水準で試験を受けることができるのです。また、実際に過去に出題した問題が出されることもあり、早大プレ・慶応プレは本番を想定した予行演習がしやすいというメリットがあります。

もちろん、受験者数が少なめであるため、今の自分の立ち位置を知るという意味では、早慶オープンのほうに分があるといえるかもしれません。ただ、どちらも異なる特徴やメリットがあるので、早稲田大学と慶應義塾大学を目指すなら両方とも受験しておきたいところです。

3.早慶オープンはD判定の幅が広い?早慶オープンの判定について

早慶オープンは受験生全員が早稲田大学と慶應義塾大学の志望者であるうえ、問題の難易度もかなり高めに作られています。そのため、偏差値も普通の模試に比べて低く出やすい傾向があります。実際、早慶オープンはほとんどの受験生がD判定です。早慶オープンにE判定はないので、D判定は実質最も低い判定となります。ただ、早慶オープンでA判定やB判定を取るのは、実際に早稲田大学と慶應義塾大学の入試に合格するよりある意味難しいので、D判定であったからといってそこまで考えすぎる必要はないでしょう。

4.早慶オープンを受ける意義・メリット

早稲田大学と慶應義塾大学は私立最高峰の大学であり、受験する人も多い大学ではありますが、早稲田大学と慶應義塾大学に特化した模擬試験は実際そこまで多くないのが実情です。しかし、早稲田大学と慶應義塾大学の独特の問題が出されることも多く、試験を突破するには2大学に特化した受験対策も必須です。その意味で、数少ない2大学特化模試である早慶オープンは、2大学を目指す受験生にとって格好の予行演習になります。本番に向けての試験対策では、実際に出題される問題形式に慣れておくことも大切です。早慶オープンを受ければ、実際の試験のような問題が出題され、合格判定もより現実に近いものとなるため、本番を想定した対策が取れるという意味で大きなメリットがあります。

また、早慶オープンは、実際に試験に出されるであろう予想問題です。そのため、早慶オープンで出題される問題は、実際の試験でも似たような問題が出題される可能性があるのです。早慶オープンを受けていたことで、本番の試験でも難なく問題に答えられたということもあります。その意味でも、早慶オープンを受ける意義は大きいといえます。もちろん、レベルの高い受験生しか受けない模試であるため、受験することで自分のモチベーションを高めたり、危機感を得たりできるという点もメリットのひとつです。

5.小論文を受ける可能性があるなら申し込んだ方が良い

慶應義塾大学の入試には、国語ではなく小論文が試験科目に含まれます。そのため、慶應義塾大学を第一志望としている受験生は、小論文対策が欠かせません。しかし、小論文を試験科目に含んでいる大学は慶応以外にほとんどないため、模擬試験にも小論文を取り入れているようなものは少ないのが現状です。ですから、小論文を受ける可能性があるなら、早慶オープンに申し込んでおいたほうが良いです。早慶オープンには、他の模試にはない小論文の科目も取り入れられています。

小論文というのは、実は最も模試で受けておいたほうが良い科目のひとつでもあります。というのは、家や塾で文章を書くのと、実際の試験で書くのとでは、緊張感が大きく異なるからです。緊張して文章が全く思いつかないということもあり得るため、なるべくたくさん模試を受けて場慣れしておくことが大切なのです。早慶オープンは、小論文の場慣れをする貴重な機会となるので、特に慶應義塾大学を受験する人は受けておいたほうが良いでしょう。

慶應義塾大学の入試には、国語ではなく小論文が試験科目に含まれます。そのため、慶應義塾大学を第一志望としている受験生は、小論文対策が欠かせません。しかし、小論文を試験科目に含んでいる大学は慶応以外にほとんどないため、模擬試験にも小論文を取り入れているようなものは少ないのが現状です。ですから、小論文を受ける可能性があるなら、早慶オープンに申し込んでおいたほうが良いです。早慶オープンには、他の模試にはない小論文の科目も取り入れられています。

小論文というのは、実は最も模試で受けておいたほうが良い科目のひとつでもあります。というのは、家や塾で文章を書くのと、実際の試験で書くのとでは、緊張感が大きく異なるからです。緊張して文章が全く思いつかないということもあり得るため、なるべくたくさん模試を受けて場慣れしておくことが大切なのです。早慶オープンは、小論文の場慣れをする貴重な機会となるので、特に慶應義塾大学を受験する人は受けておいたほうが良いでしょう。

6.早慶オープンは対策する必要があるのか

早慶オープンは、あくまで短期的な目標としての利用価値が高い模試です。模試を受ける目的は、合否判定や実力の確認という側面もありますが、勉強のモチベーションを高めるという意味もあります。模試が近づけば、それに向けて頑張って勉強しようとするので、いっそう熱を込めて机に向かえるようになります。早慶オープンも、そのような短期の目標として考えておくと、自分の勉強の意欲を高めるために使えるようになるのです。

もちろん、目標としてとらえるなら、ある程度の対策も必要になってくるでしょう。早慶オープンを受ける際も、自分の志望大学や志望学部に向けた対策は必要です。ただ、この模試で良い成績をとろうとして、自分の学部に関係ない対策までとってしまっては本末転倒です。ですから、早慶オープンの対策は、するにしても範囲を絞って、意味のある対策になるように心がけましょう。

7.早慶オープンをその後どう活かす?復習方法は?

早慶オープンの判定が出るのは、例年実施日から2カ月程たってからです。ですから、判定に気をもむより、しっかり自己採点して自分の弱点の補強に利用することが大切です。早慶オープンでは、特に英文の難度が本番より難しく作られています。そのうえ、制限時間も厳しいため、完璧に正答することは非常に困難です。しかし、難しいからこそ、自分の実力が2大学レベルまで到達しているかどうか確認する良い機会にもなります。どの部分がわかって、どの部分がわからなかったのか、しっかり考えて復習すれば、自分がそのレベルに達するには何が足りないのかということもはっきりしてくるでしょう。

早慶オープンの復習に関しては、なぜ自分が間違えたのか分析することも重要です。誤答の原因を考えれば、正答の根拠も見えてきます。早稲田大学と慶應義塾大学に合格するためには、単に選択肢に答えるだけではなく、なぜその選択にしたのかという根拠を考えることも大切です。そのように分析して復習していけば、今後はどのように勉強していったら良いのかという方針も自分の力で見つけられるようになっていきます。

8.早慶オープンの結果に一喜一憂しないこと

早慶オープンに限らず、模試の合否判定というのは鵜呑みにするべきものではありません。判定が良かったからといって、必ずしも合格できるわけではありませんし、逆に悪い場合でも、そこからの努力次第で逆転できる可能性は十分あります。特に早慶オープンの場合、大部分の受験生がD判定です。判定結果は例年1月ごろに出るため、つい結果に一喜一憂してしまいがちですが、早慶オープンの実施日はその2カ月前の11月ごろです。2カ月あれば、成績が劇的に向上する受験生もいます。

実際、D判定からの合格も珍しくありませんし、逆にA判定から不合格という場合もあり得ます。早慶オープンは結果に一喜一憂せず、冷静な目で判断して、その後の自分に生かすことが何より大切です。

判定にばかり注目せずに本番への足がかりとして利用しよう!

模試というのは、つい結果ばかりを見てしまいがちです。ましてや、早慶オープンは本番に近い形式、近いライバルとの闘いとなるため、どのような結果が出るのかどうしても気になってしまうものです。しかし、判定はあくまで判定に過ぎず、合格を証明するものではありません。早慶オープンを受けるなら、判定ばかりに注目せず、あくまで本番で良い点を取るための足がかりとして利用するようにしましょう。

関連記事

PickUp記事