受験勉強の肝はスケジュール管理にあった!効果的な計画方法

未設定

受験勉強を始める際に、しっかりとスケジュールを立てていますか。無計画に勉強を始めるのではなく、スケジュール管理をしたほうが効果的です。この記事では、受験勉強の計画を立てる必要性や効果的な計画を立てるポイントについて詳しく解説していきます。また、具体的な計画方法についても紹介します。本記事を読めば効果的な計画が立てられるようになるでしょう。

1.受験勉強の計画は絶対に必要?

そもそも受験勉強の計画は必要ないのではと疑問に思っている人もいるでしょう。結論からいえば、受験勉強の計画はしっかりと立てたほうが効率的な勉強ができます。まず、大学入試の受験範囲は非常に広いです。そのため、長期的な計画を立てる必要があります。無計画に受験勉強を始めると、非効率になってしまいます。例えば、出題範囲をカバーしきれずに大学入試を迎えてしまう、受験には関係のない無意味な勉強をしてしまう可能性があるのです。受験勉強に充てられる時間は限られていますから、その時間でより効率を上げるためにはきちんと計画を立てる必要があるでしょう。

難関大学の合格者の多くは、受験勉強の時間記録を丁寧にしています。それにより、得意な科目ばかりに偏っていないかどうか、勉強しない日が続いていないかなどを管理しているのです。受験に臨む際には、全教科のムラを少なくして勉強することが重要なので、きちんとスケジュールを立てて管理するといいでしょう。

2.受験勉強の計画を立てる前に実力を把握しよう

計画を立てる前に自分の実力を把握することも重要です。志望校合格をゴールとするのなら、スタート地点を知らなければいけません。スタート地点を把握することで、ゴールに向かうための効率のいい計画が立てられるようになります。スタート地点とはすなわち自分の実力です。実力を知るためには、模試を受けるといいでしょう。模試を受けることで各教科の得意分野や苦手分野などを把握できるようになります。それだけではなく、同じ大学を受ける受験生の中で自分がどのくらいの位置にいるのかもわかるようになるでしょう。さまざまな要素を冷静に分析したうえで、自分のスタート地点を割り出します。

スタート地点とゴールが明確になることで、自分の現状から志望校合格までの道筋を描きやすくなります。志望校に合格するためには何が必要なのか、どのように勉強していけばいいのかを分析しながら計画を立てることが重要です。

3.受験勉強の計画を立てるポイント

受験勉強の計画を立てる際には、いくつかのポイントを押さえることが重要です。具体的なポイントについてみていきましょう。

3-1.勉強量を重視する

受験勉強をする際に、何時から何時まで勉強するというように、勉強時間を重視してしまう人は少なくありません。しかし、受験勉強では勉強に充てる時間ではなく、勉強によって何を理解するのかが重要です。時間を決めてしまうと、その時間を消費することだけに意識が割かれてしまい、効率的な勉強はできません。受験勉強は時間をかけたから実力が上がるというものではありませんし、何時間も勉強したからと安心感や油断が生まれてしまう可能性もあります。

そのため、どれだけ身につくかを判断基準にして計画を立てることが重要になります。しかし、理解度は目に見えるものではないので、判断しにくいのも事実です。そのため、受験勉強の計画を立てる際には、「参考書を3冊終わらせる」「単語帳を毎日5周する」というように、勉強の量を重視しましょう。勉強量で計画を立てたほうが、勉強時間を基にしてスケジュールを組むよりも、内容を理解するという目的に近づきやすくなっています。

3-2.復習の時間を確保する

受験勉強では、復習の時間を確保することも大切なポイントです。受験勉強は長期間にわたりますから、長い時間記憶に残すことが重要になります。しかし、人は忘れる生き物です。これは、脳の働きによるものなのですが、忘れにくくすることは可能です。脳に必要な情報だと認識させればいいのです。そのためには、復習が欠かせません。人の脳は、何度も同じ情報に触れることによって、その情報が必要なものだと認識します。何度も繰り返し復習することで、すぐに忘れてしまう「短期記憶」を長く覚えていられる「長期記憶」に変えていくことができるのです。

そのため、受験勉強の計画を立てる際には、定期的に復習するための時間や日にちを確保するといいでしょう。1週間のうちに1日は復習日として設定する、または1日のうち数時間を復習に充てるというようにすることが効果的です。復習をせずに新しい勉強ばかりを進めていくと、気付いたときには勉強した内容が記憶から抜け落ちて、ほとんど覚えていないという事態になる可能性もあるので注意が必要です。

3-3.無理のない計画を立てる

計画を立てるときに、ついつい詰め込みすぎてしまう人も少なくありません。計画を立てる段階ではやる気があるため、勉強量を多く設定してしまうことも多いのです。しかし、受験勉強の計画は、無理のないように立てることが重要になります。最低限やらなければいけないことをピックアップしてみましょう。基本的には、自分ができるよりも少なめの量で設定することがポイントです。少なめの量にすることで、勉強を続けやすいだけでなく、余裕があれば他の教科も勉強するというように柔軟な対応が可能になります。

無理な計画を立ててしまうと、モチベーションがダウンしてしまう可能性もあります。計画通りに進められないというストレスや焦りから、やる気が下がることもあるので、無理なく勉強できる計画を立てましょう。受験勉強では、継続して勉強をつづけることが大切です。そのため、モチベーションを維持しやすいようにするのも効果的です。また、余裕のある計画を立てておけば、万が一計画が狂ってきた際にも修正がききやすくなります。

3-4.具体的な目標を立てる

曖昧な目標ではなく具体的な目標を立てることも重要です。例えば、○カ月後までに偏差値を○上げるというようにできるだけ具体的に設定します。曖昧な目標だと、達成できたかどうかがわからなくなります。達成感などを得られにくくなるので、モチベーションの維持が難しくなってしまうのです。また、具体的な目標を設定することにより、達成のためのプロセスも考えやすくなります。目標達成のために、どのような勉強をすればいいのか、必要な勉強量などを考えることで、効率のいい計画が立てられます。

目標を立てる場合には、期限を設定するのも大切なポイントです。いつまでに目標を達成すればいいのかわからなければ、効果の高いスケジュールを組むことはできません。そのため、目標だけでなくいつまでに達成するといった期限を必ず一緒に設定しましょう。無理のない目標にすることも意識します。達成不可能な目標だとやる気がダウンしてしまうので、現実的な目標を掲げることが大切です。

4.受験勉強の計画を立てる方法

計画を立てる際のポイントがわかったところで、受験勉強の計画を立てる具体的な方法についてみていきましょう。

4-1.【STEP1】やることをリスト化する

まずはやることをリスト化します。目標を達成するためにどのようなことを勉強するべきなのか、リストアップしていきます。受験勉強に必要な参考書や問題集も選んでいきます。志望校のレベルにあったものを選ぶのもポイントです。志望校にはそれぞれ難易度があります。そのため、レベルが高すぎても低すぎてもいけません。自分の目指している大学に合格するためにはどのくらいのレベルの参考書や問題集が良いのか、しっかりと意識して選びましょう。

どの時期にどの教材を使用するのかをリストアップすることも忘れないようにします。基本的には、徐々にステップアップしていくようにすると効果的です。基本問題から応用問題、過去問というように流れを決めておきます。目標に対してやるべきことをすべてピックアップしていきましょう。

4-2.【STEP2】優先順位をつける

次に、リストアップした内容の優先順位をつけます。優先度の高いものから計画に組み込んでいくことで、効率的な計画が立てられるようになるのです。例えば、国公立大学に合格することが目標なら、ある程度オールマイティーに点数が取れなければいけません。つまり、苦手科目を克服することは、優先度が高くなります。このように、自分の目標や状況にあわせて、優先順位をつけていくことが大切です。定期的に優先順位を見直すのもいいでしょう。状況は刻々と変わっていくものですから、それにあわせて何をすればいいのか考えていくと効率的な勉強ができます。

4-3.【STEP3】長期・中期・短期に分けた計画を立てる

計画を立てる場合には、1年程度の長期・1カ月や3カ月程度の中期・1週間や1日の具体的な内容を決める短期というように分けて計画を立てましょう。長期計画はあまり細かく立てる必要はありません。基本的には、どの時期までにどの教材をマスターするかといった大雑把な計画でいいでしょう。この時期までに授業内容をマスターして、この時期から受験対策の勉強をはじめる、といった計画もおすすめです。

中期計画では、もう少し具体的な計画を立てます。例えば、○カ月で参考書を○冊終わらせるというような具合です。この計画を立てるときには、長期計画を基にしましょう。長期計画で掲げた目標を達成するためには、どのような勉強をどのぐらいの量こなせばいいのかをしっかりと分析することが重要です。

短期計画では、中期計画を達成するためには1週間でどの程度の勉強が必要になるのかといった視点から計画を立てます。1週間で○ページまで問題集を進める、1日で覚える単語数というように具体的な数値で考えましょう。この際、短期計画の負担が大きくなりすぎるケースがあります。例えば、1日で何十ページも問題集を進めなければいけないなど、無理がある場合には中期計画や長期計画を見直しましょう。無理なく進められるように、ある程度調整することも重要です。

効果的な勉強で受験を乗り切ろう

受験は長期的に続くものなので、計画を立てることは必須です。しかし、効果的な計画を立てなければ、勉強に穴が空いたりやる気が下がるなどのトラブルが起きることもあります。自分一人で計画を立てるのが難しいのなら、勉強のプロに指導してもらうのもおすすめです。最短ルートで合格できる勉強方法や独自の勉強計画を持つ下克上なら、効果的な指導を受けられます。一度、LINE@に登録してみてはどうでしょうか。

関連記事

PickUp記事